■特選サイト更新情報!■
□情報屋さん。 □everything is gone □Newgle □BREAK LOOSE □ハイパーメディア・クリーチャー
□よろず屋さん □日本視覚文化研究会 □ニュースレ倉庫 □ブーンあんてな □おすすめのネタ

ものとーん □ ガチャ萌え.com □ こしあんプレイ! □ 黄昏LOL □ 激安特価板ブログ 万(よろず)箱 ワロタニッキ



自分のじーちゃんが人殺ししてたのかと思うと信じられない はてなブックマーク Twitter「つぶやく」ボタン

2010年09月21日

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:40:47.29 ID:ow4Av4/o0

今どんな気持ちで生きてるんだろう



参照 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1284964847/



[PR]



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:41:32.61 ID:HwuR1pel0

その孫のお前はどういう気持ちで生きてるのよ




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:42:26.06 ID:ow4Av4/o0

>>3
戦争はよくないものだって思ってる
でもじーちゃんの言う「戦争はよくない」と
俺の言う「戦争はよくない」じゃレベルが違うと思ってる




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:44:52.57 ID:ow4Av4/o0

俺のじーちゃんは電力会社の人間だった。
それもあって徴兵事態は一般の人より遅かったけど
戦時中のほとんどを満州で過ごして電気をより多くの町に流せるようにしてた




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:46:26.24 ID:ow4Av4/o0

俺は両親が共働きで、小さいころからじーちゃんに育てられて育った
じーちゃんは漢字を読むのが得意で、じーちゃんに読めない漢字なんてないぐらいだった

戦争の話も、満州で電気流してたんだー、ぐらいにしか考えてなかった




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:47:09.31 ID:ow4Av4/o0

数ヶ月前からかな


じーちゃんがぼけた
認知症だった




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:48:06.13 ID:7jsHHocF0

じゃあもう話きけねえじゃん
いっつもする事遅いんだよお前は




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:48:48.67 ID:gBFR0DyiP

今の世の中、戦争体験は被害の話しかしちゃいけないことになってるから。
加害の話のなんかしたら世間から白い目で見られる。だから皆喋りたくないのさ。
生きるために守るために必死だったのにな。自国民にすら悪者扱いだぜ。




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:48:50.78 ID:ow4Av4/o0

ごめん、数ヶ月って書いたけど数年前の間違いだったわ

当時俺はまだ大学生で
第2外国語で何とろうか悩んでて
ただ世界でたくさんの人口が居る国が使ってるって理由で中国語をとった




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:50:37.17 ID:ow4Av4/o0

「じーちゃん、俺、中国語とったんだぜ」
何気ない食卓の会話だった
じーちゃんは、ぼんやりとした目を俺に向けて
ゆっくり笑ってくれた
「それは嬉しいね、中国語か。懐かしい
 あのころにはよく使っていた」

そう言って、祖父は俺が生まれて初めて聴く言語で喋った。

中国語だった。




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:52:37.36 ID:E8ESh8ma0

うちの爺さんも南方に戦争に行ってた
捕虜にしたイギリス兵があまりに働かないから給水等から蹴り落としたそうだ
ちょwwwジュネーブ条約違反www
親父の葬式の時に酔った爺さんが何故か怒りながら告白してた
まぁ、その爺さんも3年前に逝っちまったけどな




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:52:50.98 ID:ow4Av4/o0

そのとき、漸く気づいた。
というか、何で俺は気づかなかったんだろう。

祖父は、俺が生まれてから一度も、中国語を聞かせてくれなかった。

満州にいたという話を聞いて、俺が中国語を聞かせてくれとせがんでも
「もう忘れた」と言って喋ってはくれなかった。

俺はバカだから「じーちゃんバカだから中国語も片言だったに違いない」
とか勝手に理解してた。

俺はバカだ。

数年間も満州に住んで、仕事してた祖父が、喋れない訳ないのに。




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:54:37.36 ID:ow4Av4/o0

母と俺が唖然と見つめる前で、中国語を話し終えると
祖父はゆっくりと息をついた。

その時、祖父が何と中国語で喋ったのか、今も分からない。

どうしてあの時、もっと大学で中国語を学ばなかったのか、今でも後悔してる。

それから祖父が話しだしたのは、一度も喋ってくれなかった満州の話だった。




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 15:59:52.24 ID:ow4Av4/o0

「満州に行った時、地元の人と接するように言われた。
満州に居た中国人は、電力会社から着た私を、
まるで家族のように暖かく迎えてくれた。
私も家族のように過ごしていた。とても良い人たちだったよ。
私のことを○○さん○○さんと呼んでくれてた」

懐かしい思い出話をするような口調だった。
じーちゃんがあんな顔するのも、初めて見た。

「満州に住むようになって、いつのことだったか。
 その日はいつもどおり列車にのって、みんなで移動する所だった。

突然、一緒に居た中国の人が騒ぎ出して、
私に中国人の服を渡してきたんだよ。

早くこれを着て
この列車を中国軍が襲う

私いた車両の隣は、日本軍の軍人さんが乗ってる車両だった」



じーちゃんが黙った。




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:02:29.00 ID:ow4Av4/o0

「じーちゃ…」
「みんな死んだよ」

じーちゃんが俺の言葉をさえぎった。

「私の隣で、みんな死んだ」
「私だけが生き残った」

じーちゃんはそれだけをつぶやいて、また俯いた
それからじーちゃんはまた何も言わなくなってしまった。
かーちゃんと俺も黙ってじーちゃんを見てた。




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:05:28.98 ID:ow4Av4/o0

認知症を患うと、記憶が一時的によみがえることがあるって聴いたことがある。
きっとそういうものだったんだろうと、その日のことは母と一緒に内緒にすることにした。

その出来事からまたしばらくたって
じーちゃんの倉庫を掃除してた時のこと

「あれ?これじーちゃんの麻雀ハイじゃね?」
そう言って、友人が古い麻雀のハイが入ったケースを持ってきてくれた。
「ああ、これはじーちゃんがボケる前からずっと使ってたやつだ。懐かしいなぁ」
俺はその時もただ「懐かしい」ぐらいの程度でジャンハイを見てた。
友人だけが、俺の隣で難しい顔してた。




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:10:43.10 ID:ow4Av4/o0

「なぁ○○…」
「どうした?難しい顔して」

友人はジャンハイを片手にずっと眉間にしわをよせてた。

「お前のじーちゃんって終戦間際まで徴兵されなかったんだよな?」
「え?……ああ、確かそうだった筈」

俺のじーちゃんが徴兵されたのは、日本が危なくなって、満州から連れ戻されたときだ。
徴兵されてから1ヶ月も経たずに終戦になって、戦地には一度も出なかった、と聞いていた。

「このジャンハイ、お前のじーちゃんのだって聞いてるけど、このジャンハイ
 満州で使ってた日本軍専用のジャンハイなんだよなー」
「え??」
「前にどっかの資料で見たことある。日本軍を示すマークが入ってるんだよ、ここ」




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:16:02.99 ID:ow4Av4/o0

じーちゃんが日本軍?
軍人?兵士だったって?
俺は頭が混乱してきた。

じーちゃんの言った言葉が頭の中を何度も行き交った。


「満州の人たちは本当に良い人たちだった」
「みんな死んだよ」
「中国軍が襲う」
「私だけ生き残った」



じーちゃんが話す満州や中国の人たちの話は、みんな良いイメージの話ばかりだった。
もし、本当にじーちゃんが日本軍の兵士だったとして
中国というだけで同じ人間を殺すのはどんな気持ちだったんだろうと思う


「家族みたいに暖かく迎えてくれた」

本当はじーちゃんは、
みんなで家族みたいに過ごしたかったのかもしれない。




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:17:26.67 ID:ow4Av4/o0

俺のじーちゃんは今年で95歳になる。

認知症が始まって5年、
じーちゃんから色々な事を教わるのも
もうそろそろおしまいなのかもしれない。




そういや、今日祝日だけど、何の日だっけ?
秋分の日?




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:18:49.81 ID:JG5HHc6g0

敬老だよ




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:20:48.97 ID:ow4Av4/o0

>>30
まじか…
ちょっと今日は実家に戻って
何かじーちゃんに好きな食べ物でも食べてもらおうと思う
ここまで聞いてくれてありがとうな




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 16:56:39.28 ID:c1iAIg+80

戦争は人殺しじゃない。殺し合いだ。
人殺しは悪だが、殺し合いで生き残った者は正義だ。





43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 17:39:40.26 ID:8/izjpY7P

子供の頃から戦争はいけないことだと教わってきた。
友達を殴ったとき、拳以外のなにかが痛んだ。
でも、弱い仲間をかばって戦う気持ち良さもあった。
正義の戦争なんかないって言いながら、侵略だと言われれば腹が立った。
僕達は……右や左に曲がりたかったわけじゃない……
ただ、どの道も僕達の道じゃないんだ。








■注目記事!!
Powerd by ギコあんてな(,,゚Д゚)




■注目記事!!


posted by きつん at 18:03 | Comment(10) | 歴史 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 自分のじーちゃんが人殺ししてたのかと思うと信じられない

  








DMM.com カイジ 人生逆転ゲーム DVD通販
【この記事へ一言もの申す】


なんで「今日何の日だっけ」なんて入れちゃったのさw
Posted by at 2010/09/21日 18:42
アルツハイマーなんじゃないの?
Posted by 飢えすぎ謙信 at 2010/09/21日 18:42
俺は祖父が大日本帝国陸軍の兵隊だった事を誇りに思う。
Posted by at 2010/09/21日 18:44
人をたくさん殺しただって?

正直言ってスゲー羨ましい
Posted by at 2010/09/21日 19:12
大丈夫大丈夫
こっちが向こうを殺した分向こうもこっちを殺してるもんだから
性質が悪いのは片方が殺すだけ殺してそのまんまになってる場合
Posted by at 2010/09/21日 19:25
完全に創作
Posted by at 2010/09/21日 19:42
中学生が一生懸命考えたのだと思うと微笑ましいものがある
Posted by at 2010/09/21日 21:02
>自分のじーちゃんが人殺ししてたのかと思うと信じられない

それは人のように見えるが、れっきとした敵だぞ。
やらなきゃやられるし、自分や友人の家族にも被害が及ぶ可能性すらある。
Posted by at 2010/09/21日 21:49
まあ創作なんだろうが、あえてつっこんでやろう。
日本軍だったからってなんでそこで人を殺したことになるわけ?
中国軍が襲ってきたんだから死人が出るのは当たり前だ。
日本軍が不意打ちを受けてなんとか一人生き延びたってだけじゃないのか?
ブサヨ教育の洗脳の結果とはいえ、ほんと頭悪いのな。
Posted by   at 2010/09/21日 22:36
私は立川南で風俗マッサージして働いています。学校も、八幡山までいってます。
Posted by 三立学院 呉品娟 風俗マッサージ at 2015/06/05日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。